お問い合わせはこちらまで

電話

0467-84-9111

メール相談(24H)

無料相談窓口

凸凹歯、犬歯の生えるスペース不足を第一期治療で歯列幅径の拡大、第二期治療で矯正用アンカープレートによる拡大にて獲得した症例|鎌倉駅より徒歩2分のドクタービーバー小児歯科・矯正歯科

ドクタービーバー小児歯科・矯正歯科
ドクタービーバー小児歯科・矯正歯科へのお問い合わせ

凸凹歯、犬歯の生えるスペース不足を第一期治療で歯列幅径の拡大、第二期治療で矯正用アンカープレートによる拡大にて獲得した症例

10歳○か月女児

主訴
  • 前歯の凸凹歯
  • 上あごの矮小歯
  • 犬歯の生えるスペースが無い

症例の流れ

骨格的には全く問題ありませんでしたが、上の歯は犬歯の生えるスペースが無くなってしまった事で歯の正中がずれてしまいました。
また、側切歯が小さくなってしまった事(矮小歯)により見た目以上に問題が大きかったです。
下の歯は凸凹が大きいです。


まず第一期治療で側方への拡大を行い、スペースの獲得を図りました。


拡大は順調に行われましたが、第一期治療終了時点ではまだ叢生が残っています。


3年の成長観察後、第二期治療を行うべく資料を採取しました。


骨格的な問題点はほとんど無く、上下顎骨とも良好な成長変化を示しています。
成長に関しては身長増加が既に無く、ほぼ成人と変わりないとの評価をしました。

矮小歯もありますが凸凹も軽度で、さらなる拡大にも対応できそうとの判断から矯正用インプラントアンカーによる拡大(遠心移動)を行う事にしました。写真に見える金色のフックが矯正用インプラントアンカーです。


矯正用インプラントアンカーは絶対に動かない固定源として働き、本来難しいとされる非抜歯治療など治療目標に対し予知的な歯の移動が可能となります。


矯正装置撤去後の写真です。

矮小歯も大きさの回復を行ったため前歯の並びも綺麗で噛み合わせもしっかりしています。
現在、装置撤去1年半が経過していますがリテーナー使用状況も良く後戻りも無く安定しています。