お問い合わせはこちらまで

電話

0467-84-9111

メール相談(24H)

無料相談窓口

凸凹歯、出っ歯を積極的な上顎臼歯遠心移動により解消した症例 (第一期治療のみ)|鎌倉駅より徒歩2分のドクタービーバー小児歯科・矯正歯科

ドクタービーバー小児歯科・矯正歯科
ドクタービーバー小児歯科・矯正歯科へのお問い合わせ

凸凹歯、出っ歯を積極的な上顎臼歯遠心移動により解消した症例 (第一期治療のみ)

10歳○か月女児

主訴
  • 上顎前歯の凸凹歯
  • 出っ歯

症例の流れ

骨格的には特に問題ありませんでしたが、上顎前歯が前方に傾斜しており出っ歯になっていました。また、前歯部の凸凹も見られます。下顎は前歯が1本先天的に欠如しています。


上顎の歯を後方に送る(遠心移動)させることによって出っ歯を解消することを目指し、ペンデュラム装置とヘッドギアを併用することにしました。


上顎の変化を見てみると臼歯が遠心に送られ、歯の排列がなされてきたのが確認できます


第一期治療終了時の写真です。。


凸凹と出っ歯は解消され、上顎は綺麗な歯列が獲得できました。重ね合わせからも治療による著しい変化が確認されます。
今後は第二期治療が計画されますが抜歯の必要は無くなるでしょう