お問い合わせはこちらまで

電話

0467-84-9111

メール相談(24H)

無料相談窓口

臼歯部のすきっ歯をインプラントアンカーを用いて治った症例|鎌倉駅より徒歩2分のドクタービーバー小児歯科・矯正歯科

ドクタービーバー小児歯科・矯正歯科
ドクタービーバー小児歯科・矯正歯科へのお問い合わせ

臼歯部のすきっ歯をインプラントアンカーを用いて治った症例

40歳代女性

主訴
  • 臼歯部のスペース
  • 凸凹歯

症例の流れ

骨格的には問題ありませんでしたが、上の臼歯部にスペースが存在しています。患者様はデンタルインプラント以外の解決法を探しており受診されました。下の歯は凸凹が大きいです。


そこで、矯正用インプラントアンカーを利用し臼歯部のスペースを閉鎖することを計画しました。


徐々にスペースを詰めていきながら同時に歯列の形も整えていきました。


治療終了後の写真です。


スペースが綺麗に閉鎖され、下の凸凹歯も解消されました。奥歯の噛み合わせもしっかりしており、歯みがきのしやすい歯列になりました。現在、装置撤去2年以上が経過していますが後戻りも無く非常に安定しています。