お問い合わせはこちらまで

電話

0467-84-9111

メール相談(24H)

無料相談窓口

上下小臼歯抜歯を行い、永久歯列を完成させた症例(第一期治療〜第二期治療)|鎌倉駅より徒歩2分のドクタービーバー小児歯科・矯正歯科

ドクタービーバー小児歯科・矯正歯科
ドクタービーバー小児歯科・矯正歯科へのお問い合わせ

上下小臼歯抜歯を行い、永久歯列を完成させた症例(第一期治療〜第二期治療)

12歳男児

主訴
  • 上下顎前歯の凸凹歯
期間 第一期治療 12ヶ月 成長観察期間 24ヶ月 第二期治療 18ヶ月
費用 1,000,000円
治療のリスク ②−3歯科矯正治療の過程において、歯の移動のための空隙創出のため、歯の抜歯や切削が必要となる場合、又は望ましい場合があります。

症例の流れ

(左・中)骨格的な問題は前後的にはありませんでしたが、上下とも顎が小さく前歯が並びきらない事を心配し来院されました。
(右)上下とも前歯が大きく、凸凹に並んでいますが、それでも上顎には乳歯から永久歯の交換が行われた直後だった為か若干のスペースを確認する事ができました。


(左)下顎は小さく、歯も詰まっているため明らかにスペース不足が見受けられます。
(中)そこで上顎は下の歯列と噛み合なくなる可能性があったので無理な拡大は行わず余っているスペースを利用しながらの排列を試みました、臼歯部には固定源を設けています。
(右)下顎はわずかな拡大が必要だったためバイヘリックスという装置を用い歯列を広げたのちに排列しました。


前歯部のみの排列ですが前歯だけでなく臼歯部にも徐々に咬合が得られている事が分かります。


上下とも第一期治療終了時には前歯部の綺麗な排列がなされました。
この時点では今後の第二次成長で第二大臼歯の萌出スペースが獲得できれば第二期治療は非抜歯で対応できるかもしれないと説明を行いました。


(左)しかし、実際は顎骨がそれほど大きくならず、第二大臼歯の生えるスペースが獲得できませんでした。リテーナーの使用を途中でやめてしまったので上顎の歯列は若干の後戻りが見られます。
(中)上顎の後方はスペースが無いため第二大臼歯が未だ萌出していません。
(右)下顎はかろうじて第二大臼歯が萌出していますが、やはりスペースが不足しているため、後方は歯肉が被ってしまっています。
そこで再度十分に説明を行い第二期治療では上下左右の小臼歯の抜歯を行い永久歯列の排列を目指しました。


(左)上下ともマルチブラケット装置装着後に抜歯を行いました。基本、上下前歯の前後的な位置はキープし、大臼歯の位置を前方に移動させることにしました。上顎は抜歯をした事で第二大臼歯が萌出してきました。
(右)顎は抜歯により第二大臼歯が前方に移動してきて歯肉の被覆が無くなりました。


大臼歯の前方への移動が進み、上顎第二大臼歯の萌出がほぼ終了したためブラケットを装着し排列しました。


(左)装置撤去時の写真です。正面から見ると十分なバイトを得ることができました。
(中・右)抜歯をしたことで綺麗に歯が収まり、緊密な咬合を得ることができました。


初診、第二期治療開始、第二期治療終了時の重ね合わせです。
本当は二期治療では矯正用インプラントを用い垂直的なコントロールが行えれば良かったのですが使用の了解を得られなかったため、下顎骨が時計回りに回転し、顔面長が増加した事が認められます。
様々な治療法が考案され、これまで難しかった非抜歯治療に関しても達成できる目標になった症例も多々あると思います。
しかしそれでも抜歯治療の全てが否定された訳ではなく、この症例のように小臼歯抜歯が最良の選択となる場合もあります。
当院では何が何でも非抜歯治療を勧めるという訳ではありません。
便宜的な抜歯が必要なケースでは抜歯の必要性について解りやすく解説したいとおもっています。

歯科矯正治療でのリスクや副効果について

歯列不正や不正咬合の改善を目的とした歯科矯正治療にはリスクや副効果が生じる可能性があります。その多くは患者様自身の日常生活に重大な差し障りを与えるものではありません。

しかし、リスクや副効果が生じる可能性があることは事実であり、あらかじめ知っておいて頂く必要があります。また、ご本人からの迅速な連絡を頂く事で、被害を最小限に食い止める事が可能となり、安全な治療を行えます。

①矯正治療の一般的なリスクや副効果について

  1. 矯正装置の装着後及び着脱動作中、歯肉、舌、頬及び唇に、擦り傷又は痛み(口内炎)が生じる場合があります。
  2. 矯正治療開始直後及び途中に歯の圧痛を経験する場合があります。
  3. 矯正装置の装着が、一定期間、発語に影響を与える場合があります。
  4. 矯正装置の使用により、一時的に唾液分泌の増加もしくは口の渇きがある場合があります。
  5. 治療過程において、咬合状態が変化し場合によっては一定期間、不快感を感じる場合があります。
  6. 治療中、歯根長の短縮が生じる可能性があります。
  7. 矯正装置の装着が、歯、歯槽骨又は歯肉及び歯髄の健康状態に影響を与える場合があります。
  8. 矯正装置を使用した治療完了後、歯の位置が移動する場合があります
  9. 治療期間中は、むし歯や歯周病への対策を積極的に行う必要があります。
  10. 矯正治療を中断した場合でも、治療前の状態に戻すことはできません。

②歯科矯正治療と併用する治療方法に関して

  1. 重度の叢生(デコボコ歯)もしくは顎不均衡の改善、将来的に起こりうる口腔内の変化を減少させる等の理由で、粘膜や骨格および歯に対する口腔外科手術が必要となる場合があります。
  2. 歯科矯正治療の過程において、歯の移動効果の容易化、歯の連続性の維持、又は、その他の治療効果の発揮のために、一定期間、全部又は一部の歯に矯正治療用アタッチメントを接着する必要があります。
  3. 歯科矯正治療の過程において、歯の移動のための空隙創出のため、歯の抜歯や切削が必要となる場合、又は望ましい場合があります。
  4. 歯科矯正治療において、歯の形態修正が必要となる場合、又は望ましい場合があります。
  5. 歯の移動により咬合の変化が生じ、顎の関節に対する保護や治療が必要となる場合、又は望ましい場合があります。
  6. 治療計画の変更や中断を抑制するために、矯正治療前にむし歯や歯周病に対する治療が必要となる場合、又は望ましい場合があります。
  7. 上記の歯科矯正治療以外の治療を行うため、治療計画の休止や中断が必要となる場合、又は望ましい場合があります。

③患者の素因または治療歴に由来する事柄に関して

  1. 特殊な形状の歯が存在する場合、治療期間の長期化又は治療結果に悪影響を与える場合があります。
  2. 重度の叢生(乱杭歯)がある場合、又は欠損歯が複数存在する場合、予想外の治療の長期化や装着した製品等の破損が生じる可能性があります。
  3. 重度の開咬、過蓋咬合、およびそれらを含む骨格性の不正咬合の治療は、複数の治療法を併用する場合があります。
  4. 患者様について重度の叢生(乱杭歯)がある場合、矯正装置の着脱が著しく困難となる場合があります。
  5. 歯冠が短い場合は、歯の移動に制約が出ることがあります。
  6. 歯肉の状況によっては歯肉の位置が変わる事があり、それが事前に予測できない場合があります。
  7. 既存の修復物に交換が必要となる場合があります。
  8. 矯正治療装置の素材によるアレルギー反応が生じる場合があります。
  9. 身体・健康状態、及び医薬品の服用が、歯科矯正治療の効果に影響を与える場合があります。

④矯正歯科治療の計画および装置装着・使用方法に関して

  1. 治療計画に関して主治医の指示に従わない場合、又は、その他治療を担当する歯科医師が指示する使用方法やその他の指示に従わない場合、治療期間の著しい長期化又は治療結果に悪影響を与える場合があります。
  2. 装着する本製品等又はその一部を、誤飲又は吸引してしまう可能性があります。
  3. 矯正歯科治療において、歯の移動速度および移動範囲に限界があり、事前に予測が困難な場合があります。
  4. 適正な着脱方法を行わなかった場合、矯正装置が破損変形し再製作が必要となる可能性があります。
  5. 計画的に通院しない場合や計画外の事が生じた事の連絡を怠った場合、治療期間の著しい長期化又は治療結果に悪影響を与える場合があります。
  6. 計画外の事態が生じた場合に担当する歯科医師への連絡を行わない場合、身体的かつ精神的、時間的かつ経済的負担が増大する可能性があります。