お問い合わせはこちらまで

電話

0467-84-9111

メール相談(24H)

無料相談窓口

矯正治療後に後戻り出っ歯を再治療により治った症例|鎌倉駅より徒歩2分のドクタービーバー小児歯科・矯正歯科

ドクタービーバー小児歯科・矯正歯科
ドクタービーバー小児歯科・矯正歯科へのお問い合わせ

矯正治療後に後戻り出っ歯を再治療により治った症例

30歳代女性

主訴
  • 顎が痛い、噛みにくい

症例の流れ

以前、他院にて小臼歯抜歯をして矯正治療を行った患者さんです。顎の関節に痛み、違和感を感じ物の噛みにくさを訴え相談にいらっしゃいました。一見綺麗に並んでいるように見えます。


しかし出っ歯になっており、食事をするときは下顎を写真のように前に出して前歯を噛み合わせるようにしないと物が噛めません。


下の写真が正しい顎の位置、右の写真が顎を前に出した状態の写真です、顎を前に出す事によって歯が噛み合う事が分かるとおもいます。つまり顎を常に前に出す癖がついてしまうので顎に違和感や疲れが生じ、痛みを感じるのです。


そこで、顎の安静化を図りつつ、下顎には治療用スプリント(取り外しは可能)をしばらく装着し、上顎は矯正用インプラントアンカーを利用し臼歯部のスペースを閉鎖することを計画しました。


上顎は後方に歯を下げつつ、顎の違和感、痛みが消失した時点でスプリントを外し、下顎にも装置を装着して咬合の緊密化を図ります。


治療終了後の写真です。上下の歯列が綺麗に並んでいるのはもちろんですが、咬合が緊密化し、正しい噛み合わせを獲得しました。さらに前歯の出っ歯も解消されたので、顎を前に出すことなく噛み合わせる事ができるようになりました。


ドクタービーバーではこれまでの矯正治療に満足頂けなかった患者様の再治療も積極的に対応させて頂いております。この症例のように既に抜歯をしてしまっている患者様でも方法次第では再治療が可能です。是非ご相談下さい。